駿河湾で穫れた静岡名物黒はんぺん、レシピやおいしい食べ方から静岡おでんの焼津黒はんぺんサイトです。

お問い合わせ
トップページ > 黒はんぺんとは
     

黒はんぺんについて 黒はんぺんができるまで

静岡名物である黒はんぺんとは?黒はんぺんの由来、栄養素など黒はんぺんについてわかりやすく紹介します。
 新鮮なサバが港で水揚げされるところから、おいしい黒はんぺんができあがるまでをわかりやすく紹介します。






白はんぺんとの違い
黒はんぺんと静岡おでん

代表的なはんぺんといえば白はんぺん。その白はんぺんとの違いを比較してみました。
静岡ご当地グルメ静岡おでんにかかせない黒はんぺんは黒いスープとよく合います。




黒はんぺんについて
黒はんぺんイメージ 
 黒はんぺんとは


はんぺん」と言えば、魚のすり身に卵白や山芋などを混ぜた「白はんぺん」 が主流ですが、静岡県の焼津市を中心とする静岡県中部では「はんぺん」は 「黒はんぺん」のことを指します。静岡県の中部に位置する港町、『焼津』が名産で、いまや静岡名物として有名になりました。お土産売り場でもよく売られているのでご存知の方も多いと思います。

江戸・明治時代までは、駿河湾を漁場とする漁師の家では、もとは、いわしやサバなどの魚をそのまま自家用にして食べていたそうですが、その後、すり鉢ですってお湯に入れて加工して食べるようになったといいます。これが黒はんぺんの始まりとも言われています。300年以上の伝統を持つ静岡県焼津市の郷土色豊かな食品です。地元焼津では黒はんぺんのことを「はんべ」とも呼び、大変ポピュラーな食材です。

黒はんぺんは、サバ(いわし)を原料として、独自の製法で職人さんによって作られます。うまみたっぷり。白はんぺんよりも魚のうまみが濃厚です。魚丸ごと骨まで練りこんで作られているため、カルシウム・ミネラル・鉄分・ ビタミン・DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)などが豊富に含まれています。かねふじの黒はんぺんは、獲れたて新鮮なサバのみを原料として使用しています。

黒はんぺんの代表的なおいしい食べ方は、主に4通り。
「生(ゆで)」「焼き」「煮」「フライ」です。生(ゆで)・焼きは生姜醤油やわさび漬けと一緒にも。
(生とは店頭で並んでいる状態のままの意味です。実際はパッケージされる前にゆでられています。)
煮ではもちろん静岡おでんに相性バツグン。静岡では黒はんぺんをおでん種として、くし刺しにして青海苔とだし粉をかけて食べるのが焼津や静岡では一般的です。黒はんぺんは、ほかにも色々なおいしい食べ方・レシピがあり、楽しめます。黒はんぺんは、ビール・酒のおつまみ、ご飯のおかずにぴったり。地元焼津はもちろんのこと、静岡県民はみんな大好きな黒はんぺんです。

黒はんぺんは、静岡(焼津)の当地グルメであり、静岡名物です。静岡県外ではあまり手に入りません。

黒はんぺん取り寄せ
かねふじ藤浪商店は黒はんぺんを作り続けて73年。昭和11年設立、創業73年の老舗です。
黒はんぺん静岡おでんについてはおまかせ下さい。
黒はんぺんの通販ネットショップ静岡おでんドットコム
 
黒はんぺんパッケージ


静岡おでんのサイトも運営しています。こちらで黒はんぺんも販売中です。是非ご覧下さい。
静岡おでんや焼津魚河岸シャツの通販は静岡おでんドットコム
静岡おでん


ページトップへ



黒はんぺんができるまで
おいしい黒はんぺんができるまでのステップをわかりやすくあらわしてみました。
焼津市小川港でとれたサバからパッケージされるまでの黒はんぺんのできあがる様子です。
 
製造工程
1水揚げ
黒はんぺんができるまで工程1
駿河湾で採れた新鮮なサバが静岡県焼津市の小川港で水揚げされます。


2選別
黒はんぺんができるまで工程2
黒はんぺんの原料のサイズに適したサバを一匹一匹、目利き職人が選別しています。


3練る
黒はんぺんができるまで工程3
澱粉・塩などの秘伝の調味料(つなぎ)を混ぜてすりあげます。新鮮なサバが丸ごと骨まで練りこまれる様子です。






4茹でる
黒はんぺんができるまで工程4
成型(半月状に)して数分間ゆであげます。


5冷やす
黒はんぺんができるまで工程5
冷却器で数十分間冷やして、おいしい黒はんぺんの出来上がりです。


6仕上げ
黒はんぺんができるまで工程6
職人達が丁寧に仕上げ、パックに詰められます。静岡名物。


ページトップへ



黒はんぺんと白はんぺんとの違い
黒はんぺん白はんぺんの違いをわかりやすく表にしてあらわしてみました。
同じ「はんぺん」でも主原料が全く違うので特徴など全く違います。
   
黒はんぺん
白はんぺん
黒(青灰色)
半片・半月型
四角、正方形が多い
魚を丸ごと練りこんでいる為、目が粗い見た目
卵白と山芋で
ふっくら空気が入っているよう
プリッとして歯ごたえが良く、
魚本来の美味しさと風味がある
歯ごたえふんわりしている、
空気が入っていて柔らかい
サバやイワシ原材料
スケソウダラなど白身魚・山芋・卵白
カルシウム・ミネラル・鉄分・ビタミン
DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)
主な栄養素
たんぱく質・カルシウム


ページトップへ



黒はんぺんと静岡おでん
しずおかおでん
静岡おでんとは?
静岡おでんとは昔から駄菓子屋さんなどで庶民に食べられている、牛すじ主体の真っ黒~いダシのスープに黒はんぺんが入っているのが特徴です。青葉公園の周辺でおでん屋をはじめたりや駄菓子屋さんを始めたのが起源です。静岡おでんは串に刺してあり、青のり、かつおぶしなどのダシ粉をかけるとぐーんとおいしさもアップします。

黒はんぺん【黒はんぺん】
はんぺんが黒い!?それは、焼津の前浜で水揚げされた新鮮なサバを骨ごとミンチして使っているから。静岡おでんの味を決める切り札です。
 スープ【おでんスープ】
かつお節エキス・ホタテエキス・昆布エキスをプラスした、魚の旨みを活かした、醤油仕立てのスープに仕上がっています。見た目ほど味は濃くありません。



静岡おでん

静岡おでんのサイトも運営しています。静岡おでんや黒はんぺんなど焼津名物、名産品を販売中です。
是非ご覧下さい。静岡おでんや焼津魚河岸シャツの通販は静岡おでんドットコム

ページトップへ戻る